FAQ

軌跡(13完)南三陸・高光商店 4人で接客これからも

 食料品や雑貨が所狭しと並ぶ。缶コーヒーは、石油ストーブの上でお湯を沸かした鍋に入れて温める。店内にはどこか懐かしい雰囲気が漂う。

 「今年が最後。その積み重ねで10年が過ぎた」。宮城県南三陸町志津川で高光(たかみつ)商店を営む高橋光男さん(84)は、東日本大震災からの歳月に思いをはせる。

 大津波が志…

残り 1102文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

企画特集

先頭に戻る