仙台育英、意気込む 選抜高校野球きょう開幕

開会式のリハーサルで選手宣誓の手順を確認し、宣誓台に上がる仙台育英・島貫主将

 第93回選抜高校野球大会は19日、甲子園球場で入場者の上限を1試合1万人とするなど、新型コロナウイルスの感染防止対策を講じて開幕する。昨年はコロナ禍で選抜大会と夏の全国選手権大会が中止となり、選抜大会開催は2年ぶり。

 32校が出場。開会式に参加するのは、初日に予定されている3試合に出場する仙台育英、明徳義塾(高知)など6校のみ。選手は外野に整列し、北から南の順に、内野に向かって1校ずつ行進。開会式に参加しない26校は事前に収録した行進の映像が球場の大型ビジョンに映し出される。

 18日は開会式のリハーサルを実施した。選手宣誓を務める仙台育英の島貫丞主将は11日に10年を迎えた東日本大震災への思いなどを盛り込む予定。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る