東北楽天オープン戦 滝中粘投、打線奮起しオリックスに逆転勝ち

6回2失点と好投した東北楽天先発の滝中

 東北楽天は打線の奮起で逆転勝ちし、2連勝。

 0-2の三回、小深田の二ゴロ、島内の右前適時打で同点とし、六回には茂木の右前適時打、鈴木大の右犠飛で2点を勝ち越した。八回には田中和の右越え2ランなどで3点を奪い、突き放した。先発滝中は6回7安打2失点と粘投。救援の宋家豪、ブセニッツ、松井は1回ずつを危なげなく無得点に抑えた。

 オリックスは8安打を放ちながら好機を生かし切れなかった。

 東北楽天-オリックス(13時、静岡、2,046人)
オリックス011000000-2
東北楽天 00200203×-7
(勝)滝中2試合1勝
(敗)張奕1試合1敗
(本)田中和1号(2)(阿部)

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る