閉じる

「パートナーシップ制度」導入検討を 仙台市長に審議会が答申

 仙台市男女共同参画推進審議会は19日、市が新たに策定する「男女共同参画せんだいプラン」(2021~25年度)の在り方を郡和子市長に答申した。行政が性的少数者のカップルを婚姻相当の関係と認める「パートナーシップ制度」の検討を明記するよう求めた。

 答申はLGBTを含む性的少数者の支援を重視し、同制度の…

残り 259文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ