眼鏡型端末でスマート農業 秋田県立大とKDDIが連携協定

 秋田県立大(秋田市)はKDDIと連携し、眼鏡型のデジタル端末「スマートグラス」を活用した農業実習などの授業に力を入れる。端末を装着した学生と指導教員をインターネットで結び、学生が端末で見ている画面に教員がパソコンから指示を出すなどして営農技術の習得を促す。

 4月に開設する同大のスマート農業の拠点施…

残り 325文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ