東北楽天 浅村、死球で途中交代も練習合流

全体練習に復帰し、ティー打撃に取り組む東北楽天・浅村

 東北楽天は23日、本拠地の楽天生命パーク宮城(仙台市)で、26日の今季開幕戦に備えて全体練習を行った。19日のヤクルトとのオープン戦で左脇腹に死球を受けて途中交代し、その後の2試合を欠場した浅村も参加。主砲は「自分の中では違和感なくできているので大丈夫」と話した。

 練習では軽快にゴロをさばき、フリー打撃で快音を響かせた。オープン戦を欠場中も別メニューで調整し、普段より量を減らしてバットを振り込んだという。

 オープン戦は10試合に出場し、15打数で打率3割3分3厘、1本塁打、2打点だった。「いい感覚のまま終わることができた。プラスに考え、キャンプでやってきたことをしっかりシーズンで出せるように取り組みたい」と意気込んだ。

 開幕戦はホームで日本ハムと戦う。ホームで開幕戦を行うのは5年ぶり。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る