「おかえり!マー君」 仙台イーストゲートビルでパネル展

田中投手の復帰を盛り上げるパネル展

 プロ野球東北楽天は23日、田中将大投手の8季ぶりの復帰を盛り上げようと、「おかえり!田中将大選手記念パネル展&がんばろう東北 震災復興へのあゆみ展」をJR仙台駅東口のJR仙台イーストゲートビルで始めた。4月25日まで。

 写真パネル24枚を展示。2013年に球団初のリーグ優勝、日本一に輝いた時の勇姿、14年から7季所属した米大リーグ、ヤンキースでの力投など節目での表情を写している。1月の復帰記者会見を映像で紹介し、主力選手9人の等身大パネルと記念撮影ができるコーナーもある。

 仙台市若林区のパート木村尚美さん(69)は「包容力のあるすてきな顔になってきたのが分かる。東日本大震災10年に復帰する意気込みが素晴らしいし、東北の励みになる」と話した。

 入場無料。午前10時~午後11時(最終日は午後9時まで)。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る