感染急拡大でも死亡率は全国最低 宮城知事「医療従事者のおかげ」

主な都道府県の新型コロナの死亡率

 宮城県内で新型コロナウイルスの感染が急拡大し、人口10万当たりの感染者数は全国で下位だが、累計感染者数に占める死者の割合は低水準を維持する。県内の死亡率は0・57%と、死者ゼロの島根県を除くと実質1位の低さ。県は医療従事者の尽力や独自の医療体制が要因とみる。

 県が22日現在でまとめた主な都道府県のコロナの死亡率などは表の通り。県内の死者は計27人(うち仙台市12人)で、大半が70~90代の高齢者。10万人当たりの感染者数は全国31位だが、累計感染者の死亡率は東北で最も低い。

 県の担当者は「明確な理由は分からない」としながらも、「(感染者の入院・療養先を決める)医療調整本部の円滑なトリアージで、重症化させない適切な治療に結びついているのではないか」と話す。

 軽症者らが療養するホテルでも、胸部X線や血液検査を必要に応じて実施。容体の急変を早期発見し、入院や外来診療に結び付けた例もあったという。

 村井嘉浩知事は21日の対策本部会議で「県は感染者数に対して死者が少ない。医療従事者の皆さんのおかげだ」と謝辞を述べた。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る