仙台の桜便り、今年も「速達」 満開見込みは4月3日

広瀬川沿いで咲き始めたサクラを楽しむ家族連れ=28日午後1時15分ごろ、仙台市若林区河原町

 仙台管区気象台は28日、仙台で桜の開花を観測したと発表した。1953年の観測開始以来、最速だった昨年と同じ日の開花で、平年より14日早い。

 仙台市宮城野区五輪1丁目の気象台で28日午前、職員がソメイヨシノの標本木を観察。判断の目安となる「5、6輪以上の開花」を確認した。担当者は「1月下旬から平均気温が平年よりかなり高く推移したことが一因だろう」とみる。

 管区気象台によると、この日の仙台の最高気温は4月中旬並みの15・3度だった。今後は18度前後の気温が数日間続くとみられ、満開の時期は、史上最速に並んだ昨年の4月3日より早まる可能性があるという。

 若林区河原町の広瀬川沿いでは小雨の中、家族連れが足を止めて桜を見上げ、春の訪れをかみしめた。

 東北の県庁所在地では、福島で25日に開花が確認された。日本気象協会によると、仙台の満開は4月1日ごろ。山形は5日、盛岡は9日、秋田は11日、青森は14日の開花を見込む。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る