閉じる

震災詩歌 詠み人たちの10年(中) 色あせぬ大島 遠い記憶

 坂道を上って小学校の前に出ると、気仙沼市内を一望できる。海の向こうには、遠く大島が見える。毎日散歩中に立ち止まり、離れた故郷をしのぶのが日課になっている。

 菊田島椿(とうしゅん)=本名・菊田信一=さん(93)は、東日本大震災まで80年以上を大島で過ごした。津波で自宅が流され、現在は市本土の九条地区…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより