FAQ

大川小で妹を亡くした女性、経験を映画に 「春をかさねて」「あなたの瞳に話せたら」

 宮城県石巻市出身の佐藤そのみさん(24)=東京都=が東日本大震災の経験に基づいた映画を製作し、市内で初の上映が3月に行われた。津波で児童や教職員計84人が死亡、行方不明となった石巻市大川小で、当時6年だった妹を亡くした佐藤さん。「過去を一度形にすることが必要だった。あの日のことを今も言葉にできない…

残り 1867文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る