FAQ

<ストーリーズ>亡き母が歩んだ道進む/橋浦 愛斗さん(18)名取市

 「母の分まで頑張って仕事をしたい」。4月、期待に胸を膨らませ、新たなスタートラインに立った。

 名取市閖上の災害公営住宅に住む橋浦愛斗(まなと)さん(18)は、同市の笹かまぼこ製造「ささ圭」に就職した。

 東日本大震災で犠牲になった母ともえさん=当時(32)=が働いていたのも、閖上にあった「ささ圭」の…

残り 394文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ

アングル

「アングル」は、四季折々の風物詩や人々の表情、地域の伝統行事、豊かな自然などにカメラを向けて、東北の魅力を再発見します。


企画特集

先頭に戻る