<ストーリーズ>1000年先の命を守る碑に/鈴木智博さん(21)宮城県女川町

【2021年2月】16番目に建てられた女川町小屋取浜の石碑を訪れた鈴木さん。防災教科書作りや語り部などを中学の同級生と一緒に続ける。卒業後は県内への就職を目指し、女川での活動に力を注ぐつもりだ
【13年11月】女川中の敷地内に建てられた1基目の石碑をお披露目する鈴木さん(石碑の左)ら。「授業中も設置作業を校舎の窓から見ていた。完成が待ち遠しかった」と振り返る

 「自分たちの活動が形となり、石碑ができた時はすごくうれしかった」。

 東日本大震災の津波で大きな被害を受けた宮城県女川町の高台に造成された住宅地。「いのちの石碑」と刻まれた碑のそばで、大学生鈴木智博さん(21)が思い返した。

 震災当時は女川二小6年。漁港のある集落に家族7人で暮らしていた。津波で祖父母と母を亡くした。

 その年、入学した女川中の社会科の授業で「1000年先の命を津波から守ろう」と生徒たちから石碑を建てる案が出た。周囲に勧められリーダー役を引き受けた。活動は保護者や地域に広がった。

 13年11月、女川中の敷地内に1基目が完成した。「世界中から多くの支援がもらえて感謝しかなかった」。約300人の関係者が集まる中、生徒の先頭に立って除幕の綱を引いた。

 町内21カ所に建てられる予定の石碑は、津波到達地点より高い場所にある。現在は18基。教訓や震災を詠んだ俳句も刻まれる。

 「夢だけは 壊せなかった 大震災」。鈴木さんは石碑に刻まれた俳句の一つを口にした。「今後、1000年に一度の大災害があっても石碑より上に逃げ、みんなの命が救われてほしい」。改めて石碑を見つめた。
(写真部・佐藤将史)

河北新報のメルマガ登録はこちら
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る