【速報】変異ウイルス「E484K」 仙台で167件確認

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 仙台市は5日、市議会災害対策会議で、市内の新型コロナウイルス感染者の検体から2月中旬以降、ワクチンの効果を弱める可能性が指摘される変異株「E484K」が167件検出されていたと明らかにした。
 市衛生研究所(若林区)によると、昨年6月〜今年3月25日、陽性が判明した検体のうち一定のウイルス量がある計803件を国立感染症研究所に送った。

[E484K]南アフリカやブラジル、フィリピンで確認された。今のところ感染力が高くなったり、症状が強くなったりするとの報告はないが、免疫やワクチンの効果を低下させる可能性が指摘されている。国内では3月25日時点で1161例が確認された。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

第68回春季東北地区高校野球
宮城大会 組み合わせ表

先頭に戻る