「子どもの哲学」実践広がる 宮城の小中学校

 子どもたちが対話を通じて考えを深める「子どもの哲学」(p4c)が、宮城県の学校で広がり始めている。2020年度に県内で実践したのは仙台、登米、白石各市の小中学校を中心に計約100校で、白石市では全小中学校の13校で取り組まれている。生徒が積極的に対話を重ねている同市小原中を訪ね、p4cの魅力を探っ…

残り 1666文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

+W 共に生きる

 「+W」のWには「We」「With」「Woman」「Work」「Worth」などの意味を込めています。暮らし、仕事、ジェンダーなど幅広い話題を取り上げ、多様な価値観が尊重される共生社会の実現を目指します。

ライブカメラ