閉じる

宮城県、五輪ボランティアの対面研修中止

 新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」の適用を受け、宮城県は7日、期間中に予定していた東京五輪・パラリンピックの都市ボランティア向けの対面研修を中止し、オンラインに変更すると発表した。

 県によると、9~12日に県民会館(仙台市青葉区)で開く研修を取りやめ、県庁で行う24、25日の講習をオンラ…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ