るーぷる仙台、運休期間延長 5月5日まで

 仙台市は7日、新型コロナウイルス「まん延防止等重点措置」の適用期間が終わる5月5日まで、循環観光バス「るーぷる仙台」を運休すると発表した。県と市が出した独自の緊急事態宣言を踏まえ、3月27日から運行していない。
 市交通局はJR仙台駅東口とプロ野球東北楽天の本拠地、楽天生命パーク宮城(宮城野区)を結ぶ「楽天シャトルバス」の9日~5月2日の運行を見合わせると公表した。東北楽天の観客数制限に合わせた措置。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連
先頭に戻る