閉じる

<仙台いやすこ歩き>(138)山菜(料理編)/春を告げる香りと苦み

 春だもん。いざ、春の恵みをいただかんと、山里へ。今日は、太白区秋保町にある「秋保ベジ太倶楽部(くらぶ) 農家のレストラン」にやってきた。

 秋保大滝の手前で看板が見え、車から降りる。そう、今日は画伯の友人のまみさんの車に乗せられてきたので、いやすこは3人組なのだ。そこで、軽トラックできた農家のレスト…

残り 1631文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

仙台いやすこ歩き

土地にはその土地ならではの食があります。自他共に認める「いやすこ(仙台弁で食いしん坊のこと)」コンビ、仙台市在住のコピーライター・みうらうみさんとイラストレーター・本郷けい子さんが仙台の食を求めて東へ、西へ。歩いて出合ったおいしい話をお届けします。

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより