FAQ

「観光は東北圏内で」広がる 宿泊者1割増

 2020年下半期(7~12月)の東北6県の日本人宿泊者(延べ人数)のうち、6県在住者が前年同期と比べ11・1%増え、シェアは35・3%と8・4ポイント拡大したことが、東北運輸局のまとめで分かった。新型コロナウイルス感染を警戒し、遠方への旅行を避けて近場を訪ねる「マイクロツーリズム」が進んだとみられ…

残り 551文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る