復興庁(3)インタビュー/佐藤仁氏

 東日本大震災の復興交付金を、使い手の被災自治体はどう捉えていたのか。10年間で1151億円が交付された宮城県南三陸町の佐藤仁町長(69)に評価や改善点を尋ねた。
(聞き手は桐生薫子)

宮城県南三陸町長・佐藤仁氏/機転利かし役場高台へ

[佐藤仁(さとう・じん)氏]仙台商高卒。宮城県旧志津川町議を経て、歌津町との合併に伴う2005年の南三陸町長選で初当選。現在4期目。南三陸町出身。

 -2012年2月の復興庁発足と同時に復興交付金事業が動き始めた。

 「震災から11カ月後と明らかに遅かった。原因は政争だ。当時の国会は菅直人首相降ろしに夢中で、被災地はどこを頼ればいいか分からない状態が続いた。町復興計画は11年9月にできたが財源は示されず、3カ月も『素案』に留め置かれた。時間の無駄だった」

 -交付金の使い勝手は。

 「5省40事業とパッケージ化された印象だった。第1回配分で村井嘉浩知事が『査定庁』と批判し、その後は柔軟な運用に転換した。結果として町の年間予算は震災前の10倍以上に膨らんだ。翌年度に繰り越したが、財源の裏付けがあるとの安心につながった」

 -新設の津波復興拠点整備事業を使い、役場など公共施設を高台に移した。

 「既存事業では移せないと国土交通省からの派遣職員が気付き、制度をつくってくれた。初めての事業でどう手続きすればいいのか分からず、造成までに時間を費やした。国は精査し、制度を磨いてほしい」

 -交付金事業の評価は。

 「基幹事業を全額国費で賄ったことは評価できる。当時、復興に必要な金額を試算したら約3000億円。通常の災害は1割近く、地元負担が生じる。平時に町が自由に使える金額は年間1億~2億円程度。毎年1億円支出したとしても300年かかる。本当に助かった」

 -逆に改善点は。

 「津波で被災した公園を内陸に移設しようと計画したら、復興庁に『公園があったことを証明しろ』と言われた。役場は津波に遭い、資料は全て流失した。私が『震災当日の朝、出勤時にこの目で公園を見た』と説明した。災害時に平時のような事務手続きを求める姿勢は改めるべきだ」

河北新報のメルマガ登録はこちら
震災10年 復興再考

 東日本大震災は命、暮らし、教育、社会の在りようを根底から問い直した。私たちが目指した「復興」とは何だったのか。政府の復興期間の節目となる震災10年に向け、その意味を考えたい。

震災10年 復興再考

震災10年 あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る