閉じる

復興庁(4)地元負担/膨らむ事業費に歯止め

 国が全額負担してきた復興事業の方針を巡り、竹下亘元復興相(74)は2014年9月の就任直後、副大臣や政務官を集めた朝会議で覚悟をにじませた。

 「俺たちはこれから悪役になる」

 復興庁内部で国の集中復興期間(2011~15年度)後の5年間の議論がスタート。「このままなら事業費は青天井だ。どこかで歯止め…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ