FAQ

復興庁(5完)心のケア/「阪神」原点に国費投入

 「閉じこもってばかりだと暗くなるね」。飛沫(ひまつ)防止パネル越し。小声での会話。それでも参加者の顔には笑みが浮かぶ。

 仙台市宮城野区の災害公営住宅「田子西第二市営住宅」の集会所で3月26日、茶話会が開かれた。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、市が18日に独自の緊急事態宣言を出したばかり。公共…

残り 1096文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る