FAQ

復興庁(3)津波復興拠点/新制度手探り、再建遅れ

 気仙沼市朝日町の気仙沼港。6ヘクタールの敷地に、津波に耐え得る特殊コンクリートで覆われた燃油タンクが並ぶ。そばに船舶を防潮堤内に引き入れる最新鋭の造船所が立つ。両施設は2019年に完成した。

 「水産の街に必ず再建しなければならなかった。ようやく完成できた」

 市と燃油施設を共同整備した石油販売「気仙…

残り 1002文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る