閉じる

幻の「石湯線」計画、くりでんミュージアムが紹介

 東北線石越駅(宮城県登米市)と奥羽線湯沢駅(秋田県湯沢市)を結ぶ鉄路構想をテーマにした企画展「未達 幻の石湯(せきとう)線計画」が、宮城県栗原市若柳のくりでんミュージアムで開かれている。

 計画は栗駒山周辺の鉱山と森林の開発、観光振興を目的に浮上。実現を目指す宮城、秋田両県の自治体は1946年、国会…

残り 369文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集