まん延防止解除「期限前は難しい」 仙台市長、変異株の爆発増警戒

郡和子仙台市長

 郡和子仙台市長は20日の定例記者会見で、市内の新型コロナウイルス感染状況に関し「新規感染者数は前週を下回る傾向が見て取れるが、変異株が爆発的に出ることも考えられる」と述べ、感染力が強い変異株への警戒感をあらわにした。

 適用から2週間がたった「まん延防止等重点措置」の解除に関しては「仙台医療圏は重症者病床が特に厳しい。営業時間の短縮や感染防止対策の徹底を引き続きお願いせざるを得ず、期限前(の解除)は難しいのではないか」と語った。

 解除を要請する際の判断指標は「新規感染者数だけでなく、入院者数や重症化率も重要。それらを総合的に見た上で慎重に判断すべきだろう。厳しいのは医療現場。そこを重点的に見ていく」との考えを示した。

 ゴールデンウイーク(GW)を前にした移動自粛の呼び掛けに関しては、昨年の東北と新潟の7県知事と仙台、新潟両市長による共同宣言を念頭に「他県も感染者が増えてきており、それぞれ移動自粛を強く要請しなければいけない。村井嘉浩知事や各県知事、市長と相談したい」と話した。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る