閉じる

宮城の重症者、4月に入り倍増 「病床ぎりぎり」

 宮城県内の新型コロナウイルス新規感染者は3月31日の200人をピークに落ち着いてきたが、重症者は4月に入って倍増した。村井嘉浩知事は19日の定例記者会見で「重症者用の病床はぎりぎり。ほとんど余裕がない」と病床逼迫(ひっぱく)に危機感を示した。

 県内の新規感染者、重症者と重症者向け病床の推移はグラフ…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ