閉じる

国分町の客引き変わらず 「客は来る」要請応じず深夜営業

 新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」が仙台市に適用されてから19日で2週間たった。営業時間の短縮を求められた飲食店が集まる歓楽街・国分町(青葉区)の客足は減ったが、妖しい光は夜遅くまで輝いている。措置期間の折り返しを前に街を歩いた。
(報道部・大橋大介、岩田裕貴)

 「キャバクラ? それとも落…

残り 735文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより