仙台市長選、市議の菊地氏が出馬へ

菊地崇良氏

 任期満了に伴う仙台市長選(7月18日告示、8月1日投開票)で、市議の菊地崇良氏(52)が立候補の意思を固めたことが22日、分かった。5月中旬にも正式に表明する見通し。無所属で出馬するとみられる。市長選で立候補に向けた動きは菊地氏が初めて。現職の郡和子氏(64)は態度を明らかにしていない。

 菊地氏は河北新報社の取材に「郡市政1期目の3年半と、この1年間の新型コロナウイルス対応を見てきたが、対策は後手に回り、リーダーシップや決断力が見えない」と批判。「市民の命と暮らしを守れないと危機感を抱いた。医療・経済関係者や子を持つ親から不安の声が届いている」と決断の理由を明かした。

 今後、後援会関係者らと相談し、5月の大型連休明けをめどに正式に意思を明らかにすると説明。「新型コロナ対応をはじめ、ぎりぎりまで市民のために働きながら準備したい」と語り、告示直前まで市議の職務を全うする意向を示した。

 菊地氏は仙台市出身。東北大公共政策大学院修了。1993年、陸上自衛隊に入隊。2011年の市議選若林選挙区に自民党公認で立候補し、初当選。現在3期目。党県連幹事長代理、市議会最大会派自民党の政調会長などを務める。

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る