石巻、栗原市長選あす投票

 任期満了に伴う宮城県石巻、栗原の両市長選は25日投票が行われ、即日開票される。選挙戦は最終盤に入り、石巻は新人4氏、栗原は現職と新人の2氏が論戦を展開し、支持拡大に奔走する。

石巻市長選、4新人が争う

 石巻市長選はいずれも無所属で、元市包括ケアセンター所長で医師の長(ちょう)純一氏(54)、元自民党衆院議員で医師の勝沼栄明氏(46)、元市議の阿部和芳氏(61)、元宮城県議の斎藤正美氏(66)=自民・立民推薦=が争う。引退する現職亀山紘氏(78)の3期12年にわたる市政運営への評価などが争点になる。

 長氏は「全ての命を守る医療行政」の実現を力説。災害公営住宅を回り、携わった患者らに支持を呼び掛ける。勝沼氏は合併した旧6町地区などを巡り、浸透に躍起。「若さと行動力」を前面に打ち出し、刷新をアピールする。

 阿部氏は亀山氏の復興まちづくりを批判。増大する公共施設の維持管理費を見据え「スマートな行政」を訴える。斎藤氏は選挙カーでくまなく遊説し、亀山市政の継続を強調。「市政を継承し、発展させる」と支持固めを図る。

 17日現在の有権者は12万1001人。

 

石巻市長選の立候補者(右から届け出順)

栗原市長選、2氏が激しい舌戦  

 栗原市長選はともに無所属で、再選を狙う現職千葉健司氏(64)と新人の元副市長佐藤智氏(64)が激しい舌戦を繰り広げる。

 千葉氏は100円路線バスや新型コロナウイルス対応などの実績を示し、「住みたい田舎、日本一を目指す」と主張。佐藤氏はデマンド交通のエリア見直し、小学校25人学級導入などを掲げ、「私は公約を必ず守る」と刷新を訴える。

 17日現在の有権者は5万7298人。

栗原市長選の立候補者(右から届け出順)

 河北新報社は25日投開票の石巻、栗原両市長選の開票結果を河北新報オンラインニュースで速報します。中間得票も随時、更新します。

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る