平沢復興相、福島知事と意見交換 処理水の風評対策「考えしっかり聴く」

風評被害対策の方向性について説明する平沢復興相=24日、福島県庁

 平沢勝栄復興相は24日、福島県庁を訪れ、東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出に伴い必要となる風評被害対策について、内堀雅雄知事と意見を交わした。

 復興庁は22日にあった関係省庁による「風評対策タスクフォース」の会合で、夏をめどに風評被害対策を具体化する方針を示した。平沢氏は「福島の考えをしっかりと聴き、反映させながら今後の取り組みにつなげる」と述べた。

 内堀知事は、海外への正確な情報発信と風評被害の未然防止に向け「政府を挙げて最大限の努力をしてほしい」と要望した。

 面会後、平沢氏は取材に「海外への情報発信は極めて大事だ。各国のしかるべき人に(福島の)実情を見て納得してもらうなど、一方的に情報を流すだけではない対応を考える必要がある」との認識を示した。

 東電は、処理水に含まれる放射性物質トリチウムの濃度が飲料水の国際基準を大幅に下回るまで海水で薄める方針。放出は2年後をめどに開始される。

河北新報のメルマガ登録はこちら
原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る