平沢復興相、福島知事と意見交換 処理水の風評対策「考えしっかり聴く」

 平沢勝栄復興相は24日、福島県庁を訪れ、東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出に伴い必要となる風評被害対策について、内堀雅雄知事と意見を交わした。

 復興庁は22日にあった関係省庁による「風評対策タスクフォース」の会合で、夏をめどに風評被害対策を具体化する方針を示した。平沢氏は「福島の考えをしっかり…

残り 250文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ