石巻市長選、斎藤氏が初当選

 任期満了に伴う宮城県石巻市長選は25日投票が行われ、即日開票の結果、無所属新人で元宮城県議の斎藤正美氏(66)=自民・立民推薦=が、いずれも無所属新人で、元自民党衆院議員で医師の勝沼栄明氏(46)、元市包括ケアセンター所長で医師の長(ちょう)純一氏(54)、元市議の阿部和芳氏(61)を破り、初当選した。

 当日の有権者は11万9210人。投票率は51・48%で前回(2017年)を7・17㌽上回った。

◇石巻市長選開票結果(選管最終)
当23,713斎藤 正美66無新①
 20,696勝沼 栄明46無新 
 10,062長  純一54無新 
  6,558阿部 和芳61無新 

     投票率=51.48%

[さいとう・まさみ]1954年12月19日生まれ。石巻市出身。日大卒。設計事務所勤務を経て、84年に市議初当選。県議通算7期、県議会副議長を務めた。石巻剣道連盟会長。

喜びに沸く斎藤氏陣営
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る