「仙台牛」に「熟成いくら」…「だて正夢」がコンビニおにぎりに

だて正夢と仙台牛を使ったおにぎりのパッケージデザイン

 宮城県産ブランド米「だて正夢」を使ったおにぎりが、岩手、宮城、山形、福島各県や首都圏などのJR駅のコンビニエンスストア「ニューデイズ」「ニューデイズキオスク」で期間限定販売されている。5月10日まで。

 全エリアで買えるのは「仙台牛」(198円)「熟成いくら醤油(しょうゆ)漬け」(218円)の2種類。首都圏などでは「大きな熟成鮭(さけ)はらみ」(198円)「厳選ねぎとろ天然本鮪(まぐろ)入り」(188円)「熟成生たらこ」(178円)も扱う。

 大型観光宣伝「東北デスティネーションキャンペーン(DC)」(4~9月)に合わせたJR東日本グループ、全農宮城県本部、県の連携企画。全農県本部の担当者は「だて正夢のもちもちとした食感や甘みの強さが引き立つ具材を組み合わせた。冷めても軟らかさが長続きし、ご飯のおいしさを楽しめる」と話す。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る