ユアテック社長に太田氏 生え抜きで初、7年ぶりトップ交代へ

 ユアテックは27日の取締役会で、佐竹勤社長(68)が代表権を持つ会長に就き、新社長に太田良治副社長(65)が昇格する人事を内定した。トップ交代は7年ぶり。1944年に発足した前身の東北電気工事を含め、親会社の東北電力出身ではなく生え抜きが社長に就任するのは初めて。6月24日に開く株主総会と取締役会で決定する。

 太田氏は設備部門や営業部門を長く歩み、2018年に生え抜きとして初めて副社長に就いた。電力自由化の影響で受注競争が激化する中、社員の士気を高める狙いがあるとみられる。

 副社長には小林郁見取締役常務執行役員が昇格。取締役に藤井直樹常務執行役員、加川浩之常務執行役員の2人が就く。非常勤の新取締役に山本俊二非常勤監査役と高野恵一ゼノアックホールディングス取締役、常勤監査役に菅原一成取締役が就任する。

 増子次郎、福井邦顕の両取締役、小野寺雄一常勤監査役は退任する。

 ◇ユアテック人事(6月24日)常務執行役員電力インフラ本部副本部長兼電力統括部長(執行役員電力インフラ本部発変電部長)平野仁司▽同総務部長(東北電力ネットワーク仙台電力センター所長)日野邦光▽執行役員電力インフラ本部発変電部長(同新潟電力センター所長代理)加藤芳実▽同エンジニアリング本部副本部長兼電気設備部長(営業本部電気設備部長)中西仁
 退任 執行役員新田真
 ▽営業本部ソリューション営業部長(営業本部東京本部関東営業所長)根本守▽エンジニアリング本部空調管設備部長(同空調管設備部副部長)千葉隆史▽同情報通信部長(経営企画部副部長)川野浩▽技術開発センター所長(秋田支社秋田営業所長)飯沢徹

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る