水道みやぎ方式 宮城県、事業説明会の動画を公開

 上下水道と工業用水の運営権を一括して民間に売却する宮城県の「みやぎ型管理運営方式」で、県企業局は28日、県大河原合同庁舎で27日開いた事業説明会の録画を動画投稿サイトのユーチューブで公開した。6月までに実施する残り4回分も順次掲載する。

 県議会6月定例会への関連条例案の提出を前に、県は大河原を皮切りに説明会を開始。県民への周知や理解促進のため会場を増やすよう求める声を受け、代替措置としてインターネットで各会場の様子を配信することにした。

 県は3月、水処理大手メタウォーター(東京)など10社のグループを優先交渉権者に選定。6月定例会で条例案が可決されれば、厚生労働相の認可、実施契約の締結を経て、2022年4月の事業開始を目指す。

 次の説明会は県大崎合同庁舎で5月13日午前10時、午後1時半の2部制で行う。申し込みが必要。連絡先は県企業局水道経営課022(211)3430。

みやぎ型管理運営方式説明会4月27日分(説明)
みやぎ型管理運営方式説明会4月27日分質疑応答(午前の部)
みやぎ型管理運営方式説明会4月27日分質疑応答(午後の部)

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る