〈おうちでZOO〉双子ちゃん元気いっぱい レッサーパンダ

 仙台市を代表する観光スポットの一つ、市八木山動物公園(太白区)は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて休園中。せっかくの大型連休も、動物たちの愛らしい姿は見られずじまい。代わりに、昨年好評だった写真企画「おうちでZOO」の動画版を作製。紙面で一部を紹介します。

 ビー玉のように真ん丸の目とハの字型の白い眉。ふさふさの尻尾を振って木に登ったり、暇を持て余したように頭をかいたり。レッサーパンダは姿もしぐさも愛らしい。
 昨年6月、八木山動物公園で生まれた双子の「アケビ」と「グミ」。実のなる木を条件に一般公募で名付けられた。
 2匹は元気いっぱいじゃれ合うと、食後は木の上でぐっすり。「おなかが黒いのは保護色で、木の上にいても敵に見つかりにくいから」。飼育員の山﨑和子さん(34)は目を細める。
 活発に動き回る朝と、おやつタイムの午後2時ごろが山崎さんのお勧めだ。

....................................................

わたしたちも見てねー

カメラが苦手なヒツジ
岩場でくつろぐチンパンジー

....................................................

関連動画

河北新報のメルマガ登録はこちら
おうちでZOO

 仙台市八木山動物公園(太白区)は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため休園しています。せっかくの大型連休も、愛らしい動物たちに会えずじまい。そこで、昨年好評だった写真企画「おうちでZOO」の動画版として改めて撮影し、河北新報オンラインニュースで紹介します。

第68回春季東北地区高校野球
宮城大会 組み合わせ表

先頭に戻る