土曜の揺れ 三たび 宮城で震度5強、交通混乱

地震で東北新幹線が一時運転を見合わせるなどし、利用者が駅員に状況を尋ねた=1日午前11時ごろ、JR仙台駅

 1日午前10時27分ごろ、宮城県で震度5強の地震があった。青森、岩手、福島各県でも震度5弱を観測、北海道から近畿の広い範囲で揺れた。気象庁によると、震源地は宮城県沖で、震源の深さは51キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6・8と推定される。津波はなかった。

 宮城県女川町の温泉施設で高齢夫婦が割れたガラスの破片で切り傷を負った。相馬市の商業施設では買い物中の80代女性が転倒し、左手首骨折の疑い。
 東北新幹線が地震直後に運転を停止し全線再開まで5時間を要するなど鉄道のダイヤが大きく乱れ、ゴールデンウイーク中の5連休初日に多くの乗客が足止めされた。
 JR東日本によると、秋田、山形両新幹線にも運休や遅れが相次いだ。東北新幹線などJR東日本の各新幹線で上下計88本が運休。計101本が遅れた。約3万5700人に影響が出た。在来線も東北、常磐、仙石など多くの路線で運転を見合わせた。
 日本道路交通情報センターによると、東北自動車道、常磐自動車道、山形自動車道で一時、通行止め区間が出た。東北地方整備局南三陸沿岸国道事務所(釜石市)は三陸沿岸道、東北横断道釜石秋田線(釜石道)の一部区間を一時通行止めとした。
 東北電力によると女川原発(女川町、石巻市)、東通原発(青森県東通村)で異常は確認されていない。東京電力によると福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)、第2原発(同県楢葉町、富岡町)ともに地震による異常はなかった。

 宮城県などによると、複数の学校や公共施設で窓ガラスや壁などが破損した。仙台市内では水道管の破裂が相次ぎ、一部地域で断水となった。岩手県などによると遠野市でコンクリート製の壁が崩れ、隣家の雨どい部分などがつぶれる被害があった。郡山市では小学校の外壁や市給食センターの天井の一部が剥がれた。
 東北地方は低気圧の通過に伴い、2日正午までの24時間に多い地域で60ミリの降雨が予想されている。気象庁は揺れが大きかった地域では特に土砂災害などに警戒するよう求めた。

 宮城県内では2月13日に最大震度6強、3月20日に5強の地震を相次ぎ観測している。いずれも土曜日。

各地の震度

▽震度5強=石巻市、大崎市、涌谷町(宮城)
▽震度5弱=階上町(青森)一関市、釜石市(岩手)仙台市宮城野区、仙台市泉区、気仙沼市、岩沼市、登米市、栗原市、東松島市、蔵王町、川崎町(宮城)相馬市、南相馬市、国見町(福島)
▽震度4=八戸市、東北町、おいらせ町、五戸町(青森)盛岡市、宮古市、大船渡市、花巻市、北上市、久慈市、遠野市、陸前高田市(岩手)仙台市青葉区、仙台市若林区、仙台市太白区、塩釜市、白石市、名取市、角田市、多賀城市、富谷市、大河原町、村田町(宮城)大仙市(秋田)中山町(山形)福島市、郡山市、いわき市、白河市、須賀川市、二本松市、田村市、伊達市、本宮市(福島)常陸太田市(茨城)高根沢町(栃木)など
▽震度3=函館市、釧路市(北海道)十和田市、三沢市、むつ市、平内町、外ケ浜町(青森)雫石町、葛巻町、岩手町、西和賀町、大槌町(岩手)七ケ宿町(宮城)秋田市、能代市、横手市、湯沢市(秋田)山形市、米沢市、鶴岡市、酒田市、新庄市、寒河江市、上山市、村山市(山形)喜多方市、大玉村、鏡石町、西会津町、猪苗代町(福島)水戸市、日立市、土浦市、古河市、石岡市、龍ケ崎市(茨城)宇都宮市、栃木市、鹿沼市、小山市、大田原市、那須塩原市(栃木)前橋市、高崎市、桐生市(群馬)など

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

第68回春季東北地区高校野球
宮城大会 組み合わせ表

先頭に戻る