FAQ

<アングル宮城>白菜の伝統 脈々と 塩釜・浦戸諸島の菜の花

 青い海に囲まれた小島の一角が、白菜の菜の花畑でまばゆい黄色に染まる。

 塩釜市の浦戸諸島では、大正後期に種取り用の白菜の栽培が始まった。離島で他のアブラナ科の植物と交雑しにくいため、かつては4島で育てられていた。だが、農家の高齢化と後継者不足が進み、今も栽培しているのは朴島と野々島それぞれ1軒だけに…

残り 250文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ

アングル

「アングル」は、四季折々の風物詩や人々の表情、地域の伝統行事、豊かな自然などにカメラを向けて、東北の魅力を再発見します。


企画特集

先頭に戻る