「おがつ縁日」ホヤなど海産物人気 道の駅登録記念、5日まで

新鮮なホヤを買い求める来場者

 宮城県石巻市雄勝地区の拠点エリア「硯上(けんじょう)の里おがつ」の道の駅登録記念イベント「おがつ縁日」が、雄勝観光物産交流館で開かれている。東日本大震災後の地域活性化のために整備された施設に新鮮な海産物などを求める来場者が訪れた。5日まで。

 館内には射的や輪投げ、金魚すくいの縁日コーナーが設けられ、子どもたちの楽しそうな声が響いた。射的に挑戦した市須江小2年阿部湊音君(7)は「景品をもらえたのでうれしい」と笑顔で話した。

 縁日は1日に始まった。3、5の両日は物産交流館内の各店の商品を詰め合わせた3000円相当の福袋を2000円で販売する。1日50個限定。

 4日は直売所を除く各店で利用できる1000円分の商品券を500円で販売する。50枚限定で購入日だけ使える。

 拠点エリアは3月30日に道の駅に登録された。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る