新型コロナ 宮城53人感染 仙台22人(12日)

 宮城県と仙台市は12日、10歳未満から90代の男女53人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県は大河原町の酒類提供飲食店2店でクラスターが発生したと断定した。
 市町村別は仙台市22人、大河原町7人、大崎市5人、柴田町4人、岩沼市3人など。現時点で27人(51%)の感染経路が不明。
 県内の療養者は午後3時時点で396人。うち入院中は117人で、確保した病床350床の33・4%を占めた。仙台医療圏の入院患者は83人で、確保した病床247床の33・6%が埋まっている。
 仙台市は感染力が強いとされる「N501Y」変異株を1件確認。県内での確認は計168件となった。
 累計感染者は8439人(仙台市内5289人)。うち7947人が退院・療養解除となった。

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る