おかえりマック あす気仙沼に10年ぶり復活

ハンバーガーなどを頬張る子どもら

 宮城県気仙沼市赤岩舘下のイオン気仙沼店に14日、ハンバーガーチェーン「マクドナルド」がオープンする。東日本大震災で被災して閉店していたが、10年ぶりの復活。開店に先立ち10、11の両日、運営するフランチャイズのヒロフーズ(青森市)が障害児らを無料招待した。

 津波でイオン気仙沼店は1階が水没し、1998年から1階で営業していたマクドナルドも閉店を余儀なくされた。新店舗は1階フードコートの一角で、飲食スペースを除く延べ床面積は約120平方メートル。

 10日は気仙沼市の障害児通所支援施設「マザーズホーム」を利用する未就学児9人と家族が招かれ、ハンバーガーやポテトを味わった。次男(3)と訪れた主婦(40)は「今まで石巻市や一関市のマクドナルドに行っていたので再開はとてもうれしい」と話した。

河北新報のメルマガ登録はこちら
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

先頭に戻る