閉じる

震災耐えた日和山の鳥居、解体へ 宮城・石巻

 宮城県石巻市日和が丘2丁目の鹿島御児神社の鳥居が、老朽化と度重なる地震の影響で解体される見通しになった。鳥居は太平洋を望む日和山の頂上にあり、周辺は市の観光スポットとしても親しまれている。15日に開く総代会で正式に決める。

 鳥居は1935年に設けられ、鉄筋コンクリート製で高さ約5メートル。東日本大…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ