春季高校野球宮城 8強出そろう 東北学院など準々決勝へ

東北学院榴ケ岡-東北学院 1回表東北学院無死二塁、及川の中前適時打で二走今野隼(中央)が生還する

 第68回春季東北地区高校野球宮城県大会は20日、仙台市民、石巻市民の両球場で3回戦4試合があり、東北学院、古川学園、聖和学園、東陵が勝って8強が出そろった。昨年の秋季県大会で準優勝した東北は姿を消した。
 大会は22日に準々決勝から再開し、両球場で計4試合が行われる。

宮城大会 勝ち上がり表
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る