母子寮休止の弊害じわり 事業整理、生活困窮に拍車

 2年前に母子生活支援施設「ひまわり荘」(38戸)を休止した福島県郡山市で、生活に困窮する母子世帯や支援団体が施設の復活を訴えている。新型コロナウイルス禍の影響による失業や減収世帯の増加は全国的な傾向だが、郡山の場合は、市民の懸念をよそに押し進めた事業整理が事態の悪化に拍車を掛けた格好だ。

 市外で暮…

残り 635文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ