閉じる

余剰ワクチン、教職員や保育施設職員に 仙台市がキャンセル対策

 仙台市は21日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種で、急なキャンセルが発生してワクチンが余る場合、会場近くの学校や保育施設に連絡し、教職員や保育施設職員に接種する方針を明らかにした。市議会健康福祉委員会で説明した。

 市によると、市内22カ所の集団接種会場や東北大、県、市による大規模接種会場で余剰…

残り 484文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより