燃料電池バス運行記念で乗り放題パス 宮城交通

特設ゲートをくぐり出発するFCバスの第1便=21年3月

 宮城交通(仙台市)は6月1日、月内の土日に同社の路線バス全線が乗り放題になる1日乗車券「MIYAKOH FC パス」を発売する。水素で走る燃料電池(FC)バスの路線運行を3月に開始したことを記念し、2000枚限定で販売する。

 FCバスも含め路線バス全線とミヤコーバスの吉岡線で1日乗り放題になる。高速バスや臨時バスは対象外。パスの提示で、富谷市の富谷宿観光交流ステーション「とみやど」内のテナントで割引などのサービスが受けられる。

 FCバスは3月24日に運行を開始し、仙台、富谷両市で平日は3路線、土日祝日は4路線運行する。

 価格は大人1000円、小児500円。青葉区の宮交仙台高速バスセンター、仙台駅前案内所、泉区の泉中央駅乗車券発売所、太白区の長町南駅乗車券販売所、宮交自動車学校、押野商店の6カ所で販売する。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る