<宮城県高校総体>女子200、佐藤(常盤木学園)が大会新V

女子200メートル決勝 優勝した常盤木学園の佐藤(左)

 宮城県高校総合体育大会の陸上最終日は31日、仙台市陸上競技場で男女14種目の決勝が行われた。女子200メートルは佐藤美里(常盤木学園)が大会新記録の24秒56で制し、100メートル、400メートルリレー、1600メートルリレーと合わせて4冠を達成。男子円盤投げは三浦瑶(柴田)が43メートル61で優勝。男子110メートル障害は、菊池航志(仙台三桜)が14秒72の大会新記録で頂点に立った。

 学校対抗男子は仙台育英、女子は常盤木学園が制した。

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る