FAQ

大卒就職内定率7年ぶり減93.5% 3月・宮城労働局

 宮城労働局は、3月の県内新規大卒者の就職内定率が93・5%となり、過去最高だった前年から2・8ポイント減ったと発表した。前年まで5年連続で2000年の統計開始以来の過去最高を更新しており、減少は7年ぶり。

 宮城労働局の担当者は「新型コロナウイルス感染拡大の影響で内定率は昨年より減少したが、90%超…

残り 285文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る