【動画】仙台、強風吹き荒れる 夜にかけ大雨の恐れ

強風が吹いた仙台市内の様子
1/2

 低気圧や前線の影響で、西日本から北日本では雷を伴った非常に激しい雨が降る所があるとして、気象庁は4日、土砂災害や低い土地の浸水、河川の氾濫に警戒するよう呼び掛けた。宮城を含む北日本では暴風や高波にも注意が必要だ。
 気象庁によると、前線を伴った低気圧が日本海にあり、発達しながら北東へ進んでいる。また別の前線上に低気圧が発生し、4日夜に関東へ進む見込み。これらに向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大雨となる恐れがある。
 宮城県内は4日未明から雨が降り、風も強まった。仙台管区気象台は暴風や高波に注意を呼び掛けるとともに、夜にかけて大雨の恐れがあるとしている。
 降り始めから午前11時までの雨量は栗原市駒ノ湯86・5ミリ、気仙沼61・5ミリ、築館41・5ミリ、仙台10・5ミリなど。午前11時までの最大瞬間風速は石巻20・3メートル、仙台19・2メートル、塩釜17・6メートル、名取17・0メートルなどだった。
 5日正午までの24時間雨量は多いところで80ミリが予想される。5日の県内は高気圧に覆われて晴れる見込み。
 気象庁によると、4日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は東北、北海道23メートル(35メートル)。5日にかけて予想される波の高さは北海道6メートル、東北5メートル。
 5日午前6時までの24時間予想雨量はいずれも多い所で、東海180ミリ、北海道150ミリ、近畿、関東甲信、東北120ミリ、九州南部、四国、北陸100ミリ。

関連動画タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る