FAQ

酒場求め青葉区外へ 通常営業の店、活気戻る

 新型コロナウイルス感染対策として、宮城県が仙台市全域で実施した酒類提供店などへの営業時間の短縮要請が1日、青葉区を除き解除された。通常営業を待ちわびた人々は酒場を求め、他の4区に繰り出している。解除初日から2日間、夜の街を歩いた。
(報道部・大橋大介、岩田裕貴)

 1日午後9時半すぎ、宮城野区の男性会…

残り 848文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る