【動画】聖火リレー 宮城ルートと主な走者

宮城県内の聖火リレーは6月19~21日、沿岸部を中心に行われる。
主な走者は次の通り(敬称略)。

19日 気仙沼市、南三陸町、石巻市、女川町

生島ヒロシ(気仙沼市出身・フリーアナウンサー)
菅原進(臨時船「ひまわり」元船長)
千田健一(モスクワ五輪・フェンシング元代表)
黒沢健一(「がんばろう!石巻の会」事務局長)
鈴木典行(大川小遺族)
伊達みきお、富沢たけし(サンドウィッチマン)
斎藤充(女川町地域医療センター長)

【動画】聖火リレー 宮城県1日目 気仙沼市
【動画】聖火リレー 宮城県1日目 南三陸町
【動画】聖火リレー 宮城県1日目 石巻市①
【動画】聖火リレー 宮城県1日目 石巻市②
【動画】聖火リレー 宮城県1日目 女川町

20日 東松島市、大衡村、松島町、塩釜市、七ケ浜町、多賀城市、利府町

相沢一志(デフラグビー日本選抜)
今野恵(バレーボール元代表)
千葉雄大(俳優)
佐藤多恵(Tae-chu)
今村文彦(東北大災害科学国際研究所所長)

※大衡村はトヨタ自動車東日本

【動画】聖火リレー 宮城県2日目 東松島市
【動画】聖火リレー 宮城県2日目 松島町
【動画】聖火リレー 宮城県2日目 塩釜市(桂島)
【動画】聖火リレー 宮城県2日目 塩釜市
【動画】聖火リレー 宮城県2日目 七ケ浜町
【動画】聖火リレー 宮城県2日目 多賀城市
【動画】聖火リレー 宮城県2日目 利府町

21日 山元町、亘理町、岩沼市、名取市、仙台市

井口経明(前岩沼市長、1964年東京五輪聖火ランナー)
平瀬智行(ベガルタ仙台クラブコーディネーター)
大山健太郎(アイリスオーヤマ会長)
八乙女光(Hey! Say! JUMP)
菅原智恵子(フェンシング代表)
佐藤勘三郎(ホテル佐勘社長)
立花陽三(楽天野球団社長)
渡辺幹男(モスクワ五輪・自転車競技元代表)

【動画】聖火リレー 宮城県3日目 山元町
【動画】聖火リレー 宮城県3日目 亘理町
【動画】聖火リレー 宮城県3日目 岩沼市①
【動画】聖火リレー 宮城県3日目 岩沼市②
【動画】聖火リレー 宮城県3日目 名取市
【動画】聖火リレー 宮城県3日目 仙台市①

21日、仙台市青葉区で予定されていた「市地下鉄東西線国際センター駅北1出入口」から「勾当台公園市民広場南側のつなぎ横丁入り口」までの区間は中止となり、ランナー13人は祝賀行事会場の市陸上競技場(宮城野区)を走る。

聖火リレールートについて(宮城県HP)
河北新報のメルマガ登録はこちら


企画特集

先頭に戻る